みゆきのお魚図鑑 当サイトの使い方
     


「カワハギ」に関連するもの

マトウダイ

2009年3月11日 20:50更新 written by あきか
カテゴリ
科名 マトウダイ科
全長 30〜50cm
目撃地 日本だと主に本州中部以南に生息。冬の安良里、真鶴などでよく見れます。インド様、太平洋域、大西洋の水深100〜200mに住んでいます。温帯域では浅瀬から深海400mに生息!


マトウダイと言えば『冬』ですね!
そして『モヒカン』&シンボルマークの『斑点』
一度見たら忘れはしない!特徴的なお魚です。
P3150031.JPG
マトウダイを初めて見たときは痺れました。
写真では見たことがあっても実際に水中で見た時はすごい興奮でした。
そう。。。『マトウダイ』は圧倒的に私の心を躍らせた魚なのです。


漢字で書くと”的鯛”または”馬頭鯛”

体の斑点が的のようだから的鯛。( ´-_ゝ-)ウンウン。

頭が馬のようだから馬頭鯛。。。。。とも言われていますが、
どこが馬みたいなんんだろう。。。。私には馬には見えません(*゜-゜)?
っと思っていたのですが、口を伸ばした時の顔がちょっと馬っぽいです。

カワハギ

2008年12月15日 15:48更新 written by あきか
カテゴリ
科名 カワハギ科
全長 20〜30cm
目撃地 北海道以南、東シナ海。沿岸近くの浅海から水深100mまでの砂地の混じった岩礁域に生息します。伊豆の海どこでも。。。砂地でフーフーしてます。  

漢字で書くと『皮剥』

料理する時、皮を剥くから。
丈夫で硬い皮は簡単に剥ぐ事ができるから。

なんかこわぃぃぃ(゜ロ゜;)。。。。

学名:Stephanolepis cirrhifer
英名:Thread-sail filefish(スレッドセイル ファイルフィッシュ)
     File fish(ファイルフィッシュ) 

※Thread=糸状の sail=帆 file=やすり

PC163840.JPG


糸状の帆というのは、背ビレの前方にある糸状になっている、ヒラヒラしているヒレの一部のことだと思います。(頭の上の角のことではありません)
でも、これはオスにしかありません。
だからスレッドセイル ファイルフィッシュといったら、カワハギのオス!ってことになりますね。

『カワハギの特徴』
とんがらがせた、かわいいおちょぼ口。
頭にあるピョン♪って1本立ってる角みたいなやつ。
横からみるとひし形で、前から見ると薄っぺらい体。

『オスとメスの見分け方』
英名のところでも触れたのですが、背ビレの前方(正しくは第二背ビレの第二軟条)が糸のように1本だけ長く伸びているのがオスで、伸びてないのがメスです。とっても分かりやすいです(^ー^* )

『カワハギはサメ肌??』
触った事がある人は分かると思いますが、カワハギの皮膚は硬くてザラザラしています。カワハギは小さいトゲトゲが集まって出来た特別なウロコを持っています。

このザラザラ感・・・・・もしや???カワハギはサメ肌???
そんな疑問が生まれてくるかと思いますのでお答えします。

作者たちのプロフィール