みゆきのお魚図鑑 当サイトの使い方
     


「毒」に関連するもの

ハコフグ

2010年10月29日 16:01更新 written by まなてぃ
カテゴリ
科名 ハコフグ科
全長 30センチ前後
目撃地 国内では岩手県以南、九州南部。海外では台湾、フィリピン、東インド諸島、南アフリカ等に生息しています。主に沿岸で単独行動をします。


実は私・・・ダイビングを始めるまでハコフグを見たことがありませんでした!!すみません・・・。
初めてハコフグを見たとき、すんごく衝撃を受けました!!
その変わった四角形の体を持つラブリー★な姿に興味津々。
またハコフグに会いたいなぁぁぁぁぁ( ´―`)...
あ!さかなクンがかぶっている帽子もハコフグですよ♪

PB060020.JPG
ハコフグ(メス)


漢字で書くと『箱河豚』箱の形をしたフグ。そのままでわかりやすい!!
ちなみに、海水魚なのに何故「河の豚」と書くのでしょうか。

ハチ

2010年10月27日 14:23更新 written by はち
カテゴリ
科名 フサカサゴ科ハチ亜科ハチ属
全長 15cm
目撃地 本州中部以南の西部太平洋、インド洋などに広く分布します。新潟、千葉以南の波静かな内湾の砂地にすんでいます。海藻群落の近くに多く生息しているようです。

皆さんハチと聞いて何を思い浮かべますか??

きっと昆虫の蜂を思い浮かべるのではないでしょうか?
もしくはち(私)思い浮かべてくれる方も
いてくれたりいなかったり。。。

実は海の中にもハチがいるんです!!初耳ですか?驚きですよねっ!

なんでわざわざ同じ名前を付けるのか。まぎらわしい限りです。
と思いきや、なんとも覚えやすい由来があったのです!

P7230182.JPG

ゴンズイ

2009年1月30日 19:28更新 written by まえくみ
カテゴリ
科名 ゴンズイ
全長 〜30cm程度
目撃地 本州中部以南、朝鮮半島南部、インド洋、紅海と広く分布/伊豆でも一年中

DSCN9725.JPG

漢字で書くと権瑞

学名 Barbel eel/Plotosus lineatus
英名 Striped catfish eel

*************************

『名前の由来』
色々な説がありますが、有力なのは姿が関係しているというものです
ある神話の中に地獄に居る『牛頭(ごず)』と言う名の鬼神が出てきます
命名者は、ゴンズイの頭の形が牛の頭と似ていると感じ、
そこから『牛頭魚(ごずいお)』という名前をつけたそうです

"o(-_-;*) ウゥム…微妙。。。
似てない。。。

この『牛頭魚(ごずいお)』が変化して『ゴンズイ』になったとか。。。

別説では、中部地方ではくず物のことを『ゴズ』や『ゴンズリ』と言うそうで、
『ゴンズイ』は『屑な魚』から来ているという説もあるそうです

くずなさかな ┌|゜□゜;|┐ガーン!!
一生懸命生きているのに。。。
昔の命名者は、結構シュールですね

呼び名は地域によって、ウルベ、ギンギ、ググ、グイ、ギギ、ウグ、
ギギメ、ユルベ、ウラゴ、ウルベギュウギュウなど実に様々です
(ちなみにうちの父親はグイって言っていました)

ガンガゼ

2008年10月24日 19:50更新 written by あきか
カテゴリ
科名 ガンガゼ科
全長 殻径5〜9cm 棘径30〜40cm
目撃地 千葉県以南の太平洋岸、インド洋の一般種です。15mより浅瀬の岩陰や、さんご礁域に広く生息しています。

P9188787.JPG

漢字で書くと『岩陰子』

岩の影にいる子供か。ナルホドネ〜。

私はガンガゼを見ると”マックロクロスケ”を思い出します。
マックロクロスケ出ておいで〜♪♪♪(^|0|^) オーイ!!

『ガンガゼの特徴』
特徴はなんと言っても、あの超なが〜い棘です。

殻の直径が5cm位大きくても9cm位なのに対して棘の長さは大きいもので
40cmにもなります!超長いですねw(゚o゚*)wオゥ!

それと、真ん中に丸くぽっこりとした、オレンジ色(中心がオレンジで
飛び出ている袋状のものがムラサキとか青色とかに見えます)
の肛門があります。

ミノカサゴ

2008年9月29日 15:05更新 written by あきか
カテゴリ
科名 フサカサゴ科
全長 15〜30cm(大きいものは40cmにもなります!)
目撃地 北海道以南の日本各地の沿岸に生息、日本全国の沿岸、太平洋沿岸、インド洋。水深10m以深で多く見られるが、夜間は沖合いの水面下1〜2m位を泳いでいることもります。ミノカサゴの仲間は、岩陰に隠れていたり、根の上で漂っていたりと、生息場所は一定でありません。

PA100119.JPG
漢字で書くと『蓑笠子』

和名の由来は胸ひれや背びれを広げた様子が、蓑(みの)を
着ているように見えることからきているようです。
蓑とは昔の雨具で、草で編んだ合羽のことです。

英名:Luna lionfish(ルナ・ライオンフィッシュ)
    Firefish (ファイヤーフィッシュ)

学名:Pterois lunulata


『始めて見たときの衝撃』
初めてミノカサゴを見たときは目を奪われました。
今でもその時の衝撃は忘れられませんw(0o0)w ナンジャコリャ

そして、その時『毒をもつ魚』だと教わりました。
それからミノカサゴを見るたびに『この魚はキレイだけど毒があるんだぁぁ』
とスリル感とトキメキを感じながらジーっと観察していました。


作者たちのプロフィール