みゆきのお魚図鑑 当サイトの使い方
     


ミノカサゴの詳細

ミノカサゴ

2008年9月29日 15:05更新
≪戻る
カテゴリ
科名 フサカサゴ科
全長 15〜30cm(大きいものは40cmにもなります!)
目撃地 北海道以南の日本各地の沿岸に生息、日本全国の沿岸、太平洋沿岸、インド洋。水深10m以深で多く見られるが、夜間は沖合いの水面下1〜2m位を泳いでいることもります。ミノカサゴの仲間は、岩陰に隠れていたり、根の上で漂っていたりと、生息場所は一定でありません。

PA100119.JPG
漢字で書くと『蓑笠子』

和名の由来は胸ひれや背びれを広げた様子が、蓑(みの)を
着ているように見えることからきているようです。
蓑とは昔の雨具で、草で編んだ合羽のことです。

英名:Luna lionfish(ルナ・ライオンフィッシュ)
    Firefish (ファイヤーフィッシュ)

学名:Pterois lunulata


『始めて見たときの衝撃』
初めてミノカサゴを見たときは目を奪われました。
今でもその時の衝撃は忘れられませんw(0o0)w ナンジャコリャ

そして、その時『毒をもつ魚』だと教わりました。
それからミノカサゴを見るたびに『この魚はキレイだけど毒があるんだぁぁ』
とスリル感とトキメキを感じながらジーっと観察していました。


『ミノカサゴの特徴』
特徴はなんといっても大きなヒレです。
大きな胸ヒレと背ビレをいっぱいに広げて水中を優雅に漂っています。
カサゴの仲間は岩などにくっついてジッとしているものが多いのですが
この魚は昼間でも大きなヒレを広げて漂っている様子がよく見られます。
P4190233.JPG
こちらから近づいても、他の魚と違ってあまり逃げません。
向こうからの寄ってくる事も良くありますね。
あまりにも近寄ってくるので、なんだか怖くなって・・・・・
逃げた事もあります。。。。
逃げると追っかけてきたりして"ヾ(><*) シッシッ

振り向くとヒレをたたんで本気で泳いで追っかけてきてる!(゚д゚;) コワイヨー!

でも、どんなに近くにきても触れるまではしません。
だから逃げなくても大丈夫!
(そう思えたのは結構最近です(;^_^A アセアセ・・)


『刺されたらどうなる?』
激しい痛みを感じます。

刺された瞬間は感電のように刺す痛みを感じます。
そしてだんだん患部が腫れてきて、
吐き気、頭痛、筋肉の硬直、失神、呼吸困難。

刺された部位や個人差によって症状は違います。

ミノカサゴの毒による死亡はほとんど無いようですが、
ダイバーが水中で失神したら・・・・・やっぱり油断は禁物です。
( ▽|||)コワイヨー。。。


〈応急処置〉
刺されたらすぐにダイビングをやめて、患部をキレイに洗います。
棘もしっかり取ってください。
そしてやけどしない程度の熱いお湯に1時間程度つけます。
すると痛みは和らぐようです。

※これは応急処置です、必ず病院へ行ってください。

『どこに毒があるの?』
背ビレに毒があります。
胸ヒレも鋭い棘になっていますが、胸ビレには毒はありません。
18本の背ビレに毒液があるのです。

Get the Flash Player to see this player.

『すごい吸引力』
普段はゆっくりと水中を漂っているミノカサゴですが、
捕食の時は違います。
口を、まるでヒョットコのように伸ばして一瞬のうちに
海水もろとも魚を吸い込みます。
DSC00133.JPG
自慢の胸ヒレで小魚を集めて追い込み、一気に吸い込んだりもします。
ミノカサゴの口は長ーくのびて、大きく開き、すごいバキュームで
確実に獲物を捕らえるのです。

ミノカサゴの捕食シーンはなかなか見る事ができませんが
ナイトダイビングで見られる事があります。
ミノカサゴは昼間もフラついてますが、実は夜行性なのです。


『ヒレの秘密』
あの大きな素晴らしいヒレはいったいなんの為にあるのでしょうか?
毒針はもっていますが、実際に刺す為にあるものではないようです。
もちろん、命がけの必死な場面では毒針が最終兵器となって
活用されますが、普段は他の理由で大変役立っているようです。

ということで。。
ヒレの秘密を探ってみましたので紹介します(^0^)ノ
P4190228.JPG

秘密
大きくヒラヒラしたヒレ、そしてあの色合い、それは擬態するために
あるようです。カサゴの仲間の多くは擬態しています。

ミノカサゴは私達からするとあのヒレのおかげで、
水中で大変めだちますが・・・・・・・・
他の魚からすると海藻やイソギンチャクのようにも見えるようで、
しっかりと擬態している・・・・・という風に言われています。


秘密
威嚇の為です。
敵を驚かせるフラッシング効果があります。
ミノカサゴは必死にヒレを大きく広げて周りにアピールします。
そして恐怖を感じて威嚇する時にはピンクっぽい色が白くなります。

『私は毒があるよ!』

『美味しくないよ!』

『危ないんだよ!』

そうやって自分の身を守っているのです。

ダイビングしているとよく見かける魚で、全然にげないので
『ずうずうしい奴だなぁぁ』なんて思っている人もいると思いますが、
ミノカサゴは決してずうずうしくも、図太くもありません。

ものすごーーーく怖がりなのです。
だから、ずーーっと水中で

『私は毒を持ってるんだょ!』っと

『襲ってきたら危険ですよ!』っと

常にアピールしながら漂っているのです。

いつ襲われるか分からない自然界で生きていく為に・・・・


秘密
ブレーキとしての役割もあります。
素早く泳ぎたい時大きなヒレをたたんで泳ぎます。
そして、止まりたいときは一気にヒレを広げて止まる事ができるのです。
とくに胸ビレはブレーキとして大きな役割を持っています。

PB010026.JPG

『オスとメスの見分け方』
オスの方が大きいです。
その他で見分け方が・・・・・ちょっと調べ中です。
分かったらまた更新します!!


『オス同士の戦い』
繁殖期になるとメスの取り合いでオス同士の激しい戦いが行われます。
お互いに尾を持ち上げて、さらに背ビレを向けてぶつけ合うので、
背びれが折れたりします。
ダイビング中に背びれが折れているミノカサゴがいたら
それはきっとオスですね!
背ビレの毒が相手のミノカサゴにも刺さり、一時的に弱ってしまうことも
あるそうです。
不思議な事に同種の毒にもやられてしまうのですね・・・・・
恐ろしい戦いです。


『ミノカサゴの寿命』
野生のもので7〜15年生きるそうです。
結構長生きですね!
5-3 032.jpg
ミノカサゴの幼魚

『似ている魚』
ハナミノカサゴとよく似ています。
簡単に見分けるには尾びれを見ましょう。
ハナミノカサゴは尾びれに水玉模様があります。
ミノカサゴには水玉模様がありません。

PA090086.JPG
〈ハナミノカサゴ〉
ハナミノカサゴの方が全体的に濃い色身です、それからミノカサゴの方がうろこの模様がよくわかります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ミノカサゴさんの事を今まで以上に分かってもらえましたでしょうか?

ミノカサゴには、こちらから触ったりしないのはもちろんですが、
自分が気づかないうちに岩場に手をついたり、下を確認せずに
着低してしまうと、故意でなくても水中生物に触れてしまう事が
ありますので、十分気をつけましょう。
また、保護スーツ、グローブの着用で自分自身を守りましょう!!!

P4190235.JPG

written by あきか

ダイビングについてはISLANDERのホームページで!
作者たちのプロフィール