みゆきのお魚図鑑 当サイトの使い方
     


「カサゴ目」の項目一覧

ハチ

2010年10月27日 14:23更新 written by はち
カテゴリ
科名 フサカサゴ科ハチ亜科ハチ属
全長 15cm
目撃地 本州中部以南の西部太平洋、インド洋などに広く分布します。新潟、千葉以南の波静かな内湾の砂地にすんでいます。海藻群落の近くに多く生息しているようです。

皆さんハチと聞いて何を思い浮かべますか??

きっと昆虫の蜂を思い浮かべるのではないでしょうか?
もしくはち(私)思い浮かべてくれる方も
いてくれたりいなかったり。。。

実は海の中にもハチがいるんです!!初耳ですか?驚きですよねっ!

なんでわざわざ同じ名前を付けるのか。まぎらわしい限りです。
と思いきや、なんとも覚えやすい由来があったのです!

P7230182.JPG

メバル(クロ、アカ、シロ)

2009年1月 2日 22:08更新 written by がんちゃん
カテゴリ
科名 フサカサゴ科
全長 20cm〜30cm(成魚)
目撃地 伊豆全域

20090102_mebaru_01.jpg

学名:Sebastes inermis
英名:Rockfish

ダイビング初心者のころ、初めて水中でみかけたときからお気に入りのお魚です。
岩陰で目を大きく見開いて、ボーっと漂ってただひたすら上を見つめているこの魚に何故かいつも目を奪われます。

「いったいこやつらは何を考えて生きているんだ」と。

でも大抵のダイバーはメバルを見向きもせずに素通りしていきます。
最初は疑問だったのですけど、何度も潜っていくうちに納得。

メバルはダイバーや釣り人の間では、かなりおなじみのお魚です。
伊豆ではどこの海に潜っても、必ず最低一回はみるというほど、よくみかけます。
親しみがありすぎるので、もはや空気のような自然な存在になってます。


メバルって?

メバルは体形が長楕円形で眼の大きい魚です。
よく見かける成魚は20cmぐらいのもので、大きいものでは30僂魃曚┐襪發里發い泙后

口と目が大きく「メバル」(目張)という和名も大きく張り出した目に由来しています。
正面から見るとウルトラマンのようなドーム型の目が大きく出ているのがわかります。

20090102_mebaru_02.jpg

頭部から背にかけて大小さまざまなトゲがたくさん並んでいます。
目の下あたりにはトゲがなく、涙骨あたりに2本だけトゲがあります。

20090102_mebaru_03.jpg

全身は黒褐色で、背から体側にかけてぼんやりとした暗めの色の斑紋が数本あります。
成長段階で住む場所が変わり、体色もそれに応じて異なります。

20090102_mebaru_04.jpg


生息域が深くなればなるほど赤みが増すため、アカメバルやクロメバルなど色で区別されることがあります。

2008年8月に日本魚類学会の機関誌で、これまで同じ種とされてきた「メバル」はDNA解析によると3種に分類できることが発表されました。

アカメバル(Sebastes inermis)    …軟条数:15本(A型)
クロメバル(Sebastes ventricosus) …軟条数:16本(B型)
シロメバル(Sebastes cheni)     …軟条数:17本(C型)

※「軟条」とは胸びれを支える小骨のようなもの。


「カサゴ目フサカサゴ科」に属していて、キンメバル、クロメバルなど地方によって呼び方が違います。種類も多くて、80種あまりが存在するといわれています。
それぞれ生態や群れの作り方等が異なるといわれています。

…が、種類多すぎるので、普段は細かいこと気にせず、大雑把に「メバル」に呼んでます。(^^;)
ここでは、おもにクロメバル、アカメバル、シロメバル全般について記載しています。

ミノカサゴ

2008年9月29日 15:05更新 written by あきか
カテゴリ
科名 フサカサゴ科
全長 15〜30cm(大きいものは40cmにもなります!)
目撃地 北海道以南の日本各地の沿岸に生息、日本全国の沿岸、太平洋沿岸、インド洋。水深10m以深で多く見られるが、夜間は沖合いの水面下1〜2m位を泳いでいることもります。ミノカサゴの仲間は、岩陰に隠れていたり、根の上で漂っていたりと、生息場所は一定でありません。

PA100119.JPG
漢字で書くと『蓑笠子』

和名の由来は胸ひれや背びれを広げた様子が、蓑(みの)を
着ているように見えることからきているようです。
蓑とは昔の雨具で、草で編んだ合羽のことです。

英名:Luna lionfish(ルナ・ライオンフィッシュ)
    Firefish (ファイヤーフィッシュ)

学名:Pterois lunulata


『始めて見たときの衝撃』
初めてミノカサゴを見たときは目を奪われました。
今でもその時の衝撃は忘れられませんw(0o0)w ナンジャコリャ

そして、その時『毒をもつ魚』だと教わりました。
それからミノカサゴを見るたびに『この魚はキレイだけど毒があるんだぁぁ』
とスリル感とトキメキを感じながらジーっと観察していました。



ダイビングについてはISLANDERのホームページで!
作者たちのプロフィール